経営と法律を分かりやすくアドバイス 中村聡介行政書士事務所 静岡県

経営と法律を分かりやすくアドバイスいたします。中村聡介行政書士事務所 TEL.055-994-0680(営業時間9:00-18:00)お問合せ
経営と法律を分かりやすくアドバイスいたします。中村聡介行政書士事務所 TEL.055-994-0680(営業時間9:00-18:00)
トップページ ご相談範囲 事例紹介 よくある質問・料金一覧 会社情報 お問合せ

事例紹介 相続手続き・遺言書作成


遺言は、自筆か公正証書か
「私もそろそろ遺言書を書いておこうと思います。
 何か注意することはありますか?」

「まず、お客様のご意向を教えてください。
 そのうえで自筆証書で作成するか、公正証書にするか、決めて行きましょう」

遺言書には
①自筆証書遺言
②公正証書遺言
③秘密証書遺言
の3種類があります。
中でも①自筆証書遺言と②公正証書遺言が多く利用されています。
遺言書は、争族にならないようによく考えて決めることが肝要です。
そして、その実行性の担保や、存在を明確にするには「公正証書遺言」がお勧めです
公証役場にて公正証書にすることで、相続が始まった際の遺産分割協議がスムーズに進むようになります。
相続の内容は個々に必ず違います。
是非一度お気軽にご相談ください。



PS.自筆証書遺言の場合は、相続開始後に家庭裁判所で「検認」という手続きが必要です。
公正証書遺言にしておくことで、その手続きが不要になります。
自筆証書遺言は「本人が楽だが、残された人間が大変」
公正証書遺言は「本人は少し手間だが、残された人は安心」と言われます。

ご不明な点はどうぞ、お気軽にご相談ください。



お電話での相談

24時間無料相談フォーム
*マークのある項目はご入力ください。
会社名
氏名*
電話番号*
メールアドレス*
ご相談内容*

営業許可・財務・税金・労使・法律など 会社経営に困ったら、まずはご相談ください。 様々な士業と連携 事例紹介 よくある質問